2018-03-10

2018年3月10日(土)『Marker Starling + Nicholas Krgovich Japan Tour 2018 松本公演』

Marker Starling 

Nicholas Krgovich



シラオカ

カナダが誇る2人のメロウ&スムースポップマスターによるカップリングツアーが実現!

カナダが誇る二人のメロウ&スムース・ポップ・マスター”マーカー・スターリング”&”ニコラス・ケルゴヴィッチ”が、Batschのベーシスト”ジョー・カーヴェル”を引き連れてカップリングツアーを行います!

マーカー・スターリング”は、元々は2000年代にマントラー名義で名レーベルtomlabより3枚の傑作宅録作品を残し、のちに改名した、トロント在住のクリス・A・カミングスによるプロジェクト。ギブミーには2016年の4月以来、2度目の登場。ロバート・ワイアットを彷彿させるテンダーな歌声、ソウル、AOR、ソフトロック、MPBをレコードマニア的視点で消化した都会的な雰囲気のソングライティング、ポコポコと愛らしく暖かいビートを刻むリズムボックスと、メランコリーな響きを醸すウーリッツァーの音色が、ジワジワとした染み渡る曇り空が似合う内省的微糖ブルー・アイド・ソウル。長年、トロント国際映画祭のスタッフをしながら、淡々と音楽家としてのキャリアを熟成させている彼は、「誰も知らないけど、カナダで最も重要なソングライター」(Junior Boys-Jeremy Greenspan)と評される隠れポップス名人。いずれの曲も既に多くの人たちにカバーされてきたモダンクラシックな佇まいを放ちます。宅録ソウルの名盤シュギー・オーティス『インスピレーション・インフォメーション』に心掴まれる人、橋下徹監修『FREE SOUL』シリーズのファン、オブスキュアなソウルファンはもちろん、全体的に漂う少しトボけた雰囲気はインディリスナーにも届くこと間違いなし!

バンクーバーを拠点に活動する”ニコラス・ケルゴヴィッチ”は、キャリア初期にはNo Kids、Gigi、P:anoといったユニットでタイムレスな数々の傑作ポップナンバーを生み落し、2013年の1st ソロアルバム以降は自身の名義で作品を発表し続け、デヴィッド・バーンやダーティー・プロジェクターズも惚れこんだ鬼才ロマンティックR&Bポップ職人。ギブミーには2015年の4月以来、2度目の登場。彼の音楽は、コンテンポラリーR&B〜Prefab Sprout的80’s UKポップ〜レトロ・ハリウッド映画や、ミュージカルのサウンドトラックのようなヴィンテージ・テイストが巧みにブレンドされたアダルト・ブルー・アイド・ソウル。言葉がスムースに踊るため息が漏れるような恍惚のメロディライン、ウォーム/クールのテクスチャを丁寧に編み込んだ箱庭的造形のアレンジによってあまりにも美しく紡がれた彼の世界には、虚構的な空恐ろしさも漂い、美しくあればあるほど、底に横たわる孤独感を描き出しているようでもあります。見掛け倒しのカラフルな装いで誤魔化すことは一切なく、接すれば接するほどに表情を変える彼のポップス、ぜひ噛み締めていただきたいです。DESTROYER、NITE JEWEL、MOCKEY、サンドロ・ペリ、ハイラマズ、ステレオラブのファンの方は特に必見。

共演には、日本中のインディフォークファン悲願の復活を遂げた名古屋のベースレススロウコアトリオ”シラオカ”。地に足のついたドラムによる朴訥なスロウビートと、淡色に漂う点描画のような二本のギターによるミニマルアンサンブル、日常と妄想を往来しながら行間と余白に独特のユーモアとサイケデリアが立ち上がる言語感覚…不思議な距離感を保ったまま微かに近づいたり、離れたりする彼らの滋味深い世界に脳がジワジワと痺れていく…動物、妖怪、人知の及ばぬ異界の恐ろしさと、同時に人肌の温もりを感じる音楽をポツポツと呟くように鳴らすとんでもない3人組。

この3組の共演が実現するなんて…!

////////////////////////////////////

2018年3月10日(土) Give me little more.
『Marker Starling + Nicholas Krgovich Japan Tour 2018  松本公演』
▽Live:Marker Starling (カナダ)  / Nicholas Krgovich(カナダ) /  シラオカ(名古屋)
▽料金:(前)¥3,500 / (当)¥4,000  / (学生)¥2,500 +1Dオーダー 
▽時間:(開場)18:30 / (開演)19:00
▽予約:give.melittlemore@gmail.com

////////////////////////////////////

Marker Starling
1969年、トロント出身クリス・A・カミングスによるワンマン・ユニット。2000年代にはマントラー(Mantler)名義で独tomlabを中心に4枚のアルバムをリリース。ロバート・ワイアットを彷彿させる繊細なヴォーカル+ウーリッツアー(エレクトリック・ピアノ)+リズムボックスを基盤に様々な音楽的ルーツが溶け込んだスムース&メロウなサウンドは各所で高い評価を受ける。2015年にはアーティスト名をマーカー・スターリングに改名後初のアルバムとなる『ロージー・メイズ』を発表。同作は初のカバー・アルバム『アイム・ウィリング』とのカップリングで2016年3月日本発売。2016年4月にはマントラー時代を通じ初の日本ツアーを敢行(9都市11公演)。最新作は2017年11月発売『Anchors & Ampersands』。


Nicholas Krgovich
1982年、ヴァンクーバー生まれ。チェンバー・ポップ・グループP:ano(ピアノ)の一員としてデビュー。以降、コンテンポラリーR&Bを取り込んだNo Kids、ガール・ポップ/ブリル・ビルディングへのオマージュを展開したGigi(ジジ)など様々なユニットで、ロマンティック&タイムレスでハイスタンダードな作品を連発。2012年にはマウント・イアリ、テニスコーツと共に初来日ツアー。初のソロ・アルバム『ニコラス・ケルゴヴィッチ』を2013年1月に日本先行でリリース(海外では『On Sunset』と改題し2014年リリース)、各所で高い評価を受ける。2015年、日本独自2 in 1CD『フー・ケアズ?+オン・カフエンガ』を発表、デラドゥーリアン(exダーティ・プロジェクターズ)と共に再来日。最新作は2017年11月発売『In An Open Field』 。

シラオカ

2006年夏結成。小池(gt.vo)、石谷(gt)、山村(dr)による3ピースのポップグループ。 2011年3月にmap compare notesよりミニ アルバム『部屋』をリリース。また、昨年は小池喬がソロ名義で7epよりアルバム『宇宙のくしゃみ』を発表している。名古屋を拠点に活動中。http://siraoka.tumblr.com/

2018-03-04

2018年3月4日(日)『Lisa Salvo(with Scott McConnachie + Joe Talia) Japan Tour 2018 松本公演』

lisa Salvo

メルボルンインプロシーン発の
エクスペリメンタルフォークプロジェクトが帰って来ます!

2016年10月に松本に初登場し会場を驚きに包んだメルボルンインプロヴィゼーション発のエクスペリメンタルフォークバンド”On Diamond”のシンガー”Lisa Salvo”が同じくOn DiamondのメンバーであるScott McConnachieJoe Taliaとともにバンドセットで再登場します。(今回は録音のために日本を訪れているそうで、なんとライブが行われるのは松本だけ!)

Lisa Salvoは、メルボルン在住、少女のような無邪気さと気怠さの歌声をもつドリーミーフォークシンガー。彼女の楽曲には、親密で心落ち着くノスタルジックな居心地と、霊妙に謎めく気配が同時に漂い、いつのことだか思い出せないけれど妙に脳裏にこびりついている抽象的な記憶のように、すぐそこにあるようでどこにも存在しないかのような不思議な遠近感を感じます。バンドセットでは、Scott McConnachieによるアヴァンな蠢きのアウトスケールギター、ジム・オルークや山本達久とのコラボレーションでも知られるコンテンポラリージャズドラマー”Joe Talia”による静寂の知性の中に野性味を忍び込ませたドラムプレイによって、実験音楽/フリージャズアプローチでの演奏。Lisaのベッドルームポップ的な心地よさを全く損ねることなく、スケール感に大きな飛躍をもたらすこのトリオでの演奏をお楽しみに。ジュリア・ホルター、ココロジー、ジョアンナ・ニューサムのファンはもちろんアシッドフォーク、インディフォーク、音響フォーク〜フリージャズ、インプロ、実験音楽〜ポストクラシカル、チェンバーポップ好きまで幅広くおすすめできます。

今回は、Scott とJoeによるサックスとドラムのデュオでのインプロライブもあわせて楽しんでいたけます。

共演は、
ナイーブなコーラスワークが美しい夢想サイケデリアオルタナ~レインコーツ的ガチャガチャニューウェイブパンクまでを楽器を持ち替えながら3人で鳴らすDIYスタイルなドリームパンクバンド"Her Braids"、

くぐもったエコーに分厚く塗られた音像の中で鳴り響く、失われた風景を思うような感傷的かつ歌謡的なメロディの男女ボーカルドリーミーフォークユニット”TANGINGUGUN"、

シリアス/ユーモラスの境界で鳴る90'sローファイポップリスペクトな剥き出しのメロディが素晴らしいサッドオルタナフォークバンド"ヒーターズ"。

////////////////////////////////////

2018年3月4日(日) Give me little more.
『Lisa Salvo(with Scott McConnachie + Joe Talia) Japan Tour 2018  松本公演』
▽Live:Lisa Salvo with Scott McConnachie + Joe Talia(on diamond メルボルン)  / Scott McConnachie + Joe Talia(インプロセット) / Her Braids /  TANGINGUGUN  / ヒーターズ
▽料金:(前)¥2,000 / (当)¥2,500 +1Dオーダー
▽時間:(開場)18:30 / (開演)19:00
▽予約:give.melittlemore@gmail.com

////////////////////////////////////

Lisa Salvo


Scott McConnachie


Her Braids


TANGINGUGUN

2016年夏に松本で結成されたドリーミーフォーク / ウィアードポップバンド。 奇妙でlo-fiなエコーサウンドに包まれたサウンドスケープと、男女ボーカルによる歌謡感溢れるメロディ&ハーモニー。 2017年夏の終わりに完全DIYで制作された初音源となるミニアルバム『馬鹿な魚』をリリース。 これまでに、Tara Jane O'neil(US), Yumbo(仙台),Dustin Wong & Minekawa Takako,cotillon(US),scott and charlene's wedding(AUS),Jay Arner(CAN),Fake Tears(CAN),Parasol(KOREA),Magic Island(DEU)らと共演。

ヒーターズ


2018-02-24

2018年2月24日(土) toshitaka nakanishi lab実験演劇シリーズ#2 「SUPER LAZY(No.3 Audience) 」



松本に突如立ち上がったlo-fi演劇集団による、デモテープのような実験演劇の試み!

高知発、東京経由で演劇をやるために突然松本に移住して来たlo-fi演劇青年"中西 俊貴"が2017年に立ち上げた演劇プロジェクト"nakanishi toshitaka lab"。

一見控えめな青年だけれども、やることは大胆。架空のインディロックバンドをコンセプトに掲げたファッションブランド"Rough Tapes"を主宰しつつ、ロシアでの演劇鑑賞体験にインスパイアされ独学で演劇活動の道へ、2016年秋から縁もゆかりもない松本に移住し、半年間まつもと市民芸術館主催の"演劇工場"へ参加、12月にはギブミーでホームレスをテーマにしたオフビートな一人芝居を敢行、2017年夏にはLAのインディバンドシーンの調査へ…思考と行動が直結しているような彼の新しい活動に注目せざるをえません!

2018年は、「実験演劇シリーズ」と題したプロジェクトを始動!インディバンドがデモテープをつくるような感覚で、ラフながら意外性のあるオルタナ演劇を次々に発表していくというこの企画。第2弾は『SUPER LAZY(No.3 Audience)』と題し、”観客論の不在"に焦点をあて、役者/観客、舞台/客席、見る/見られるの関係性をテーマに、”あなたにとっての劇場とは何か?”という問いを投げかけます。20歳の新メンバー”百瀬涼”が主演。

セリフ主体の演劇表現を否定し、「ありのままで舞台に立つ」ことを追求する彼の表現、今回はどんなアプローチをみせるのか!?楽しみです。

////////////////////////////////////

2018年2月24日(土)Give me little more.
toshitaka nakanishi lab実験演劇シリーズ#2
SUPER LAZY(No.3 Audience)
▽料金:(前)¥1,500 (SNS割 Twitter&Instagramフォローとリツイート)¥1,000 
▽時間:①20:00〜 ②22:00〜 (開場)19:00 *各回45分/30名定員

▽予約:give.melittlemore@gmail.com

////////////////////////////////////

toshitaka nakanishi lab
ファッション性のある目をひく舞台美術、新鮮味溢れるただそこにしか存在しない人、身体、声、人間像。セリフの意味や物語は重要ではなく大事なのは目の前にいる人。人から舞台美術までとにかくLo-Fi演劇。舞台と客席の境界線を尋常じゃないエネルギーで超えてくるそんなジャンルも超えた様々な出会いを生み出す舞台芸術集団。

Twitter : @toshitaka_n_lab
Instagram : @toshitakanakanishilab

2018-02-23

2018年2月23日(金) 『BRICOLAGE』


電子音楽家たちによる実験的ライブプロジェクト。

サンプラー、リズムマシン、DAW、シンセ、モジュールシンセ、エフェクトペダル…などを用いて電子音楽を制作する音楽家たちによるコミュニティ的/実験的ライブプロジェクト「BRICOLAGE(ブリコラージュ)」が始動!

第2回目のゲストは、lo-fi hiphop、アンビエント、トライバル、ドローンなどのアプローチでトラックメイキングを行う”nuoie”が出演。全体的にchill outした空気感でloからhiまでの音像がレイヤードされた地平の歪むサウンドメイキングは必見。

レギュラーメンバーは、3人。

インディロック〜ノイズまで幅広い音楽知識をもつミュージックギークな道産子ハーフジャパニーズstevenこと"shosugita”(自作&改造楽器や自らプログラミングしたソフトウェアを用いたノイズミュージックを展開。)、

Elektron社製のサンプラーを用い、レコードからのサンプリング音を過剰に加工してつくられたダークウェイブ〜トリルウェイブ的感性とも共鳴するコールドなダンスミュージックを生み出す"okude”、

モジュールシンセによる暖かいアナログノイズと、MPCによるサンプリングを用いて積み上げるノイズの壁をあくまでラブソングというコンセプトで鳴らす”BEEF OVER”。

当日は、ライブがメインですが、それぞれの機材、セッティング、制作プロセスなどの知識のシェアの場にもなることでしょう。アンビエント、ミニマル、ノイズ、ドローン、ウィッチハウス、ローファイヒップホップなど電子音楽ファンの方、トラックメーカーはもちろん、電子音楽をこれから制作してみたい人も、一度、遊びに来てみてください!

////////////////////////////////////

2018年2月23日(金) Give me little more.
BRICOLAGE
▽Live:<GUEST>nuoie  <REGULAR> sho sugita、okude、BEEF OVER
▽料金:¥500 +1Dオーダー
▽時間:(開場)19:00 / (開演)20:00
▽予約:give.melittlemore@gmail.com

////////////////////////////////////

nuoie 

2018-02-20

2018年2月20日(火)『Lee Noble with takahashi masahiro Japan Tour 2018 松本公演』

lee noble

Masahiro Takahashi

LAの白昼夢サイケデリック・ドローン・フォーク音楽家が
東京のベッドルームポップ音楽家とともに登場。

アメリカ、ナッシュビル発、現在はロサンゼルスに拠点を置くサイケデリック・ドローン・フォーク音楽家”Lee Noble”が松本に登場!

Lee Nobleは、Angel Olsenらを輩出したBathetic Recordsなどのレーベルを渡り歩き作品を積み重ねながら、自らカセットテープレーベルNo Kings Recordsも主宰する音楽家。呟くような弱音ボーカル、B級SF的なチープでレトロなユーモアと自動演奏のような冷徹さを同時に感じるシンセ、境界を消失して風景に溶け込んでいくドローンギターによる靄がかった音像に包まれる心地は、樹海〜ツンドラ地帯〜未開文明〜地下迷宮〜未来都市の廃墟…を彷徨い歩く支離滅裂な夢を見ているかのよう。この薄気味の悪さと隣り合わせの永遠的白昼夢に全意識を放棄して身を委ねよ!フリーフォーク、ストレンジフォーク、アヴァンポップ、80’s シンセニューウェイブ、ドローン、アンビエントなどの音が好きな方はマスト!

今回のツアーには、東京のベッドルームポップ音楽家”Masahiro Takahashi”が同行。中性的な歌声、スマイリースマイルマナーで目まぐるしく展開するフリーフォームなコラージュセンス、チープで愛らしい電子音による知性と童心が交差したストレンジポップで、これまでにカナダの複数のレーベルより音源をリリースしてきた彼。(彼の海外デビュー7インチ「性と言葉と定義の前」には、Kレコードの歌姫ローズ・メルバーグ、Lub cutsのトレイシー・ベスがゲストボーカルに参加しているというのも驚き!)Magnetic Field、ハイラマズ、トクマルシューゴ、マヘルシュラルハシュバズ好きにもおすすめ。

今回共演は、相性ばっちりのこの二人。
松本からは、 可憐だけれど、どこか動物的な不思議な感覚でイラスト、映像、音楽と多方面で才能を発揮している"daborabo" a.k.a 山﨑美帆によるカシオトーンとディレイによるアンビエント演奏とライブドローイングとビデオ投影によるパフォーマンス、

北信からは、福島より昨年末長野県に移住、福島・郡山アンダーグラウンドシーンを代表する知性と緊張のジャンク・ポストハードコアバンド”Rebel one excalibur ”のドラマー佐藤孝洋によるミニマルに配置された無機質かつ冷徹な音塊の明滅に不穏な美が漂う実験電子音楽プロジェクト”LAP”が出演。

////////////////////////////////////

2018年2月20日(火) Give me little more.
『Lee Noble with takahashi masahiro Japan Tour 2018  松本公演』
▽Live:Lee Noble(US)、Masahiro Takahashi(東京)、daborabo 、LAP(Rebel One Excalibur)
▽料金:(前)¥2,000 / (当)¥2,500 +1Dオーダー
▽時間:(開場)19:00 / (開演)19:30
▽予約:give.melittlemore@gmail.com

////////////////////////////////////

Lee Noble

  
1983年生まれ。マサチューセッツ州ボストンのEmerson Collegeでビジュアル・メディアアートを学んだ後、ロサンゼルスに拠点を置く音楽家・アーティスト。
シンセサイザーで構成された電子音楽と民俗伝統が混じり合う、どのジャンルにも当てはまらない作品を発表。Hopscotch Festival(Raleigh,NC)、Soy Festival(Nantes,FR)、Rewire Festival(The Hague,NL)、TALsoundsでのシカゴアートブックフェア、ロサンゼルスアートなど、米国とヨーロッパの会場やフェスティバルで演奏。2017年、Pale Blue Recordsよりアルバム “The Hell of You Come In” をリリース。 
https://leenoble.bandcamp.com

Masahiro Takahashi
2012年〜2014年までカナダに滞在し、いくつかのレーベルから7インチ/CDをリリース。アーティストのユニス・ルックの展示用に制作した最新作『Music
of inside the snail’s shel/でんでん虫の殻の中の音楽』は、MASSAGE誌が選ぶ2017年の地下音楽50作に選出。

アコースティックと電子音、環境音が交わりながら、適度な湿度と空気を含んだ、ゆったりとした味わい。想像上の生態系の中で、有象無象の生物や植物たちが、各々のざわめきと共に協演しているかようでもあり、聞き手によって異なるイマジネーションとスケープが膨らむであろう、有機的なアンビエント・ミュージック。
http://themassage.jp
https://masahirotakahashi.bandcamp.com/album/music-of-inside-the-snails-shell

daborabo


長野県上田市出身

明治学院大学 フランス文学科卒業 
セツ・モードセミナー卒業

 現在は松本を拠点にして、
雑誌、書籍、広告、CD・LPジャケット等のイラストを手がけている

 映像、音楽作品なども製作中

LAP

2018-02-17

2018年2月17日(土)『DOPEなHOPE #5』

初登場、初挑戦オンリーなニューカマーだらけのライブイベント、
今回は過去最大の出演者数!

これまでにも数々のニューカマーが登場してきた恒例企画『DOPEなHOPE』を開催します!

ライブをするのが初めてのバンド、もしくは初めて試す編成、新しいプロジェクト、新しいアプローチ限定でのライブイベントです。これを機に誰かを誘ってバンドを組むもよし、一緒に演奏してみたい人とコラボしてみるもよし、家でこっそりつくっていた曲を外に持ち出して歌ってみるもよし、新しい楽器に持ち替えてみるもよし。音楽に限らずパフォーマンスをする人も。曲数が少なくても、むしろ1曲からでも大丈夫。音楽経験の有無も、上手い下手はもちろん不問。とにかく試してみたいことをやってみる場になればいいな、と。(もし希望があれば出演者はギリギリまで募集しています。

このイベントから登場してレギュラーなライブ/パフォーマンス活動を行う人も多数。グッドミュージック誕生の瞬間に立ち会えるこの現場、お客さんとして参加しても楽しめるはず!今回は過去最多の出演者数になりそうです。

////////////////////////////////////

2018年2月17日(土) Give me little more.
『DOPEなHOPE #5』
▽Live:jumaru、コスモス鉄道、yama and cake、ボブ次男、前田斜め(落語)、三井未来、高橋政成(デパートのかいじん)、bonnou allergie、padge(新編成)、壺屋  
▽DJ:岡沢じゅん
▽料金:(前)¥1,000 / (当)¥1,500 +1Dオーダー
▽時間:(開場)18:00 / (開演)18:30
▽予約:give.melittlemore@gmail.com

////////////////////////////////////

2018-02-14

2018年2月14日(水)『Take it! two』


2ヶ月連続開催、ペインターとZINESTERによる、絵と音楽とZINEの夜!

松本を拠点に活動し、東京原宿Design Festa Galleryでの二人展「ちくちく」を開催したペインター"竹内 遥世"、live report project でお馴染みのZINESTERで、2017年よりDJとしても活動する"nu"。この二人が、3月にギブミーご近所の"Parades Gallary"にて展示『Take me!』を開催します。それに先駆け、DJとライブドローイングとZineのイベント『Take it!』をギブミーにて2ヶ月連続で開催!薄暗いギブミーのライブフロアで、竹内遥世によるビデオとプロジェクターを用いたライブドローイング、"nu"によるDJが、互いに呼吸をさぐりながら繰り広げられます。覗き込めば覗き込むほど自己の不安が投影されていくような感情が見えない空洞の目、重く薄暗い部屋の空気が水彩絵具に溶け込んだかのような色調、脆く崩れそうな存在に寄り添うように描く"竹内遥世"の人物ポートレート、ダークシンセウェイブ〜ジャンクエレクトロ〜ポエムコア〜インディポップ〜クラシック〜エンヤまで、ガラクタを漁りながらつくりあげる工作のようなジャンル超越的ストーリーテリングな"nu"の選曲…第一回目でその抜群の相性が発揮された二人のコラボレーション、今回もお楽しみに!

////////////////////////////////////

2018年2月14日(水) Give me little more.
『Take it! two』
▽Drawing:竹内遥世
▽DJ:nu
▽料金:無料+1Dオーダー
▽時間:(開場)19:00 / 20:00-23:00

////////////////////////////////////